葬儀のために亡くなった方の装いを整える

納棺は、亡くなった方に旅支度の装いをして送り出す儀式です。まず納棺する前に、末期の水をとります。末期の水は、あの世で渇きに苦しまないようにと祈ったり、故人が生き返って欲しいと思う気持ちから生まれた風習で、割り箸に脱脂綿などを付けてから水に侵して故人の口を湿らせるのが一般的です。

納棺の前には、湯灌をします。湯灌は亡くなった方の体を洗い清める儀式です。体が洗い清められましたら、死に化粧を施します。髪を整え男性は髭を剃り女性は薄化粧され、死装束を着せます。宗派や地域によって細かいやり方が異なりますので、注意しなくてはなりません。

準備が整いましたら、故人を棺の中に納めます。納棺した後は死装束を整えて、愛用していた品物などをも棺に入れます。燃えやすい品物でしたら問題ありませんが、燃えないものや燃えにくいものなどは愛用していても棺には入れてはいけません。何でも入れてしまわないように、式場のスタッフなどに確認しておく必要があります。以前は納棺の儀式は、家族や親族などが行っていましたが、今では葬儀を依頼した式場や葬儀社などが行うことがほとんどです。全てを任せることもできますが、できる範囲で手伝いをすることが大切です。