葬儀の具体的なプランを検討する

式場などに遺体を安置する目途が付きましたら、菩提寺などに連絡をします。菩提寺が遠かったり付き合いがない場合は、同じ宗派の寺院を探すことになります。宗教や宗派が異なると葬儀の内容などが違いますので、正しい宗教、宗派に基づいて寺院などを探さなくてはなりません。式場などでも紹介してくれますので、式場のスタッフに相談することも検討するべきです。

寺院と連絡が付きましたら、火葬場や式場の都合なども考えて、葬儀を執り行う日時などを決めます。葬儀に参列する人の都合を優先してスケジュールを決めたいところですが、それぞれの設備の稼働状況によっては希望する日時に使えないこともありますので、良く考えて適切な日時を決める必要があります。

葬儀の日程と共に、参列者の数や予算なども考慮して具体的な葬儀のプランを式場のスタッフと相談しなくてはなりません。具体的なプランを相談する時は、概要や総額だけプランを決めるのではなく、詳しい内容を説明してもらい納得できる内容にとなるまで話し合う必要があります。葬儀のことは良く分からないからと全てを式場のスタッフに任せてしまうと、考えていたのとは違う葬儀の内容になってしまう可能性もありますので注意しましょう。