複数儀式が行われる葬儀

通夜が明けた翌日に、葬儀式と告別式を行います。葬儀式は故人や家族の信仰する宗教によって故人の死を悼む宗教儀式で、告別式は故人と最後に別れをする社会的な儀礼です。もともとお通夜は遺族や親族の別れの席で、葬儀式と告別式は一般の会葬者を迎えて行う儀式となっています。

葬儀式と告別式が終了しましたら、故人を霊柩車に乗せて火葬場に行く出棺です。火葬場に着いたら遺体は火葬しますが、1時間から2時間程度かかりますので、控室で待機します。火葬が終わると会葬者全員で骨箸を使って遺骨を骨壺に収めます。火葬場のスタッフの指示に従い、会葬者が協力して行わなくてはなりません。

遺骨を全て骨壺に収めましたら葬儀式場に戻って、骨になって帰ってきた故人を追悼する還骨法要を行います。還骨法要の後は、初七日法要です。初七日法要は故人が亡くなった日から7日目に行うのが正しいのですが、喪家や会葬者の負担を減らすために葬儀や告別式と一緒に行うのが一般的となってきました。こうした流れで葬儀が行われますので、それぞれの意味を理解しておかなくてはなりません。家庭の事情などによって一部の儀式を省略することもありますが、各儀式の内容を理解した上で葬儀をプランを決めることが大切です。